合同会社設立の企業

合同会社を設立して起業するメリット

日本には数多くの起業家がいます。したがって、年々会社の数は増えていますが、意外にも、著しく増加しているのは、「株式会社」ではなく、いわゆる「合同会社」という形をとった会社なのです。なぜそのような動きが見られるのかというと、これは当然そうすることが株式会社を設立する以上に大きなメリットが見込めるからにほかなりません。
では、合同会社を設立して起業するメリットはどんなところにあり、またそれがどんな形で実感されるのか、というところにスポットを当ててお話していきたいと思います。
まず大きいのは資金面について。合同会社の場合、株式会社とはちがって設立資金を比較的ローコストでまかなうことができます。というのも、合同会社の場合、登録免許税が6万円であり、これは株式会社の半額以下(株式会社は15万円)であるというのがまずはひとつ。そして、定款認証費用は株式会社で5万円必要なのに対し、合同会社では不要であるという点が大きくかかわってきます。
それから、やはりランニングコストが安いというのも大きなメリットになります。これは少々難しい話になるのですが、会社を運営する上で、株式会社では必要な「決算公告の官報掲載費(およそ6万円)」が不要になります。また、株式会社では任期が設けられる役員についても、合同会社では任期を設ける必要がないために、役員変更がない限り、その際に必要になる「定款の書き換え費用(6万円)」が不要になります。
また、株式会社ではいろいろと規定が多い利益分配に関しても、合同会社では社員が自由に決定することができるというメリットも非常に大きいと言えるでしょう。
また、「法人」という形をとっているために、資金調達にそれほど苦労することが多くないと考えられます。これは株式会社に比べてしまうと多少デメリットになる可能性もありますが、しかし少なくとも、自営業(個人事業主)に比べれば、はるかに有利であると言えます。また、経費などについても、株式会社同様優遇される部分が大きいため、税金対策の際にメリットが生じます。
こういったメリットは、合同会社だからこそ得られるものであり、このあたりに着目して起業する人も少なくありません。しかしやはり株式会社のほうが信用の面でメリットが大きいと考えるのであれば、先々株式会社へと移行することもできるということで、足回りも比較的身軽であるという点でも設立しやすいと言えます。
このあたりに目をつける起業家が多くなっているのです。