合同会社のメリット

合同会社を設立するメリットは何か

合同会社を設立する際に、その創設者はおそらく「株式会社にすべきか、それとも合同会社にすべきか」という点で迷いが生じると思います。もちろん設立の時点ではなく、そのもっとずっと前にそういった取捨選択に迫られることがあったかもしれませんが、いずれにしても、「どちらのほうがより大きなメリットを得ることができるか」という考え方をしてきていることでしょう。
結果的に合同会社を選んだということは、株式会社よりもより大きなメリットを得ることができると判断したからにほかなりません。では、それはいったいどういった部分に生じる利点なのかということについて、少し具体的に見ていきたいと思います。
まずは、設立の時点での資本金が、株式会社よりも小規模でも可能であるという点です。資本金に関しては株式会社でも今はそれほど大きくない会社もありますが、しかし合同会社の場合、資本金が1000万円未満の会社が圧倒的に多いです。
また、資本金とは少々規模が異なりますが、主に法務、税務に関する部分で、「定款認証費が不要である」ということと「登録免許税6万円は株式会社よりも9万円も安い」というメリットがあります。ちなみに株式会社の場合、定款認証費は「5万円」必要です。ですから、多少でも初期投資を抑えることが一般的には可能であると言えます。ただしこれは、定款を必要としないということではありません。定款をつくってもその認証費用が必要ないということを意味しますので、この部分は間違えないようにしてください。
しかも、設立後もランニングコストの点では株式会社のそれよりも多少優遇される部分があります。
そして、定款の内容についてもかなり自由度が高いという点で、株式会社よりも大きなメリットとなります。つまり、会社法に抵触することさえなければ、社内の規定はかなり自由に定めることができるのが合同会社なのです。
また、先々以下の部分は改正される可能性が大きいのですが、現時点では、「決算書を公表する義務がない」のが合同会社です。ですから、何らかの事情があって決算書の内容を公表したくないと考えるのであれば、自動的に合同会社を選択することになるでしょう。株式会社でそんなことをしたらたいへんですが、現行ルールではそういうことも可能になっているのです。
あるいは、社員(経営者)は会社のオーナーでもあるため、会社の意思決定が迅速に行われるという点も、合同会社の魅力であると言えるでしょう。